5 漢江上り-2

金砂河の売値

船足は遅くとも、私はもはや余程上流に遡ったと思う。
ここで再び漢江の説明をしたい。漢江は源流を江原道金剛山に発し、幾重の支流をあわせて京畿道仁川に注ぐ、朝鮮きっての大江である。
高瀬舟を使えばその可航水路170マイルにも及ぶ。水は穏やかに白砂の上を流れ、白砂は金砂子を交えて一段と麗しく、 流れは時に岩に阻まれて急流となり、波泡立つところもあれば、時に広い浅瀬となり、中州を抱くところもある。
金剛の濁らぬ山水をたたえて、この砂原の上を走る水に恰好な「ゴールドサンドリバー」という名前を付けてみた。

 
広告

46の浅瀬

永春に達するまでに私は46か所の瀬を通ったが、悉く剣呑な思いをした。漢江の水運の発展を妨げているのは、これらの浅瀬であろう。
この障害が取り除かれれば、漢江の利用価値は甚大なりと断じてよかろう。

重要な交通路

今日でも25トン積みの船が天気さえよければ丹陽まで上下しているくらいである。
漢江は忠清北道および江原道と京畿道の動脈となっており、上流地方の余剰貨物を京城へおろし、 下流地方および仁川港に輸入された商品はこれを遡って奥地に売りさばかれるのである。
私が実見したところでは、船は一日平均75隻以上往来している。不思議なことに橋は一切かけられていない。
47か所の渡し場が設けられ、両岸の交通に供せられている。

人口密度

国貧しくて社会的設備を省けば、必ずその人口へ減少するもの。京仁間の哀れな生活と京城の様子を見て、 私は否かは定めし人口希薄で無人の地域を通ることも少なからずであろうと考えていた。
しかし、想像に反して、田舎といえども人口の多い天地であると知った。
舷に立って手をかざせば、放置された土地はなく、人家を見ないところもない。

部落176

漢江里より永春に至るまでに176の部落を船の中から数えることができた。
耕す田園は肥料も与えぬのに作物は満足に発育し、本来よほど豊かな土壌なのであろう。
もっとも、漢江流域は全朝鮮で最も土地肥え人口の多いところには違いない。

一戸の平均8人

従来よりヨーロッパ人は人口を過小評価する傾向があるように思われるが、私は旅行中に任意に70戸の 家を統計して、一家平均8人という結果を得た。この平均数は欧米諸国のそれとは非常な隔たりがある。
朝鮮の家庭は単に夫婦と子供のみではない。尊属でなく、使用人でもなく、食客でもない、準家族とでもいうべき 居候がいるため、このような高い平均値となるのである。
欧州人が人口を過小に見積もる傾向があることは、朝鮮に7年も居住してあまねく旅行したモフェト君も気付いておられる。

田舎の家の様子

緻密な研究をしたわけではないが、今まで観察したところでは、朝鮮人の老人は概して強壮でかくしゃくとしている。
病気で衰弱した老人には出会わない。子供の多いのには驚くばかりである。
ここらの百姓家を覗いてみる京城の貧乏人の家とさして異なるところはないが、家の周囲には必ず6フィートほどの 土塀をめぐらし、部屋はことごとく土の床である。床の上に並ぶ甕には米、麦その他の雑穀と水を入れている。
北の甕の部屋は女房の部屋と決まっているようだ。亭主の部屋は少々狭いが土床にはむしろを敷き、最も貴重な財産である帽子箱が 厳然と飾られているのが面白い。
もしその家に紙張りの障子が張ってあるならば、その家は中流以上と考えてよい。
豚小屋が母屋よりも上等な材料を使って堅固に建てられている。人と豚が主従の関係を入れ違えているありさまだ。

田舎の経済

皆無ではないが、田舎では工業と商業はめったに見当たらない。あっても微々たるもので、住民の大部分は小作農である。
彼らは土地所有者である両班から、春に蒔く種さえも借り入れるのだそうな。
貨幣はまれに流通するのみで、物々交換が主として行われ、時には労働を以て債務の返済に充てている。
したがって、消費の少ないのはもちろんで、昔ながらの独立経済を続け、貨幣を流通させようにもその場所と機会がなく、 私の実見したところでは、贅沢品と目される舶来木綿だけは貨幣を利用して買い、20インチにつき銭30文を払っていた。

最終更新日: 2013-11-27 05:37:12

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

朝鮮の本

二十五年!朝鮮は何を得たか?

  第11 通信
  第10 貿易
  第9 商業
  第8 経済
  第7 金融
  第5 租税
  第4 財政
  第3 朝鮮総督府
  第2 朝鮮の戸数と人口
  第1 朝鮮は変わった

30年前の朝鮮

  8 金剛山登り-2
  8 金剛山登り-1
  7 騎馬旅行-5
  7 騎馬旅行-4
  7 騎馬旅行-3
  7 騎馬旅行-2
  7 騎馬旅行-1
  6 自然の美-3
  6 自然の美-2
  6 自然の美-1
  5 漢江上り-3
  5 漢江上り-2
  5 漢江上り-1
  4 漢江探検の準備
  3 京城入り-4
  3 京城入り-3
  3 京城入り-2
  3 京城入り-1
  2 朝鮮最初の印象 2/2
  2 朝鮮最初の印象1/2
  1 はしがき2/2
  1 はしがき1/2

 RSS