8 金剛山登り-2

この寺は元々勅願によって建てられたもので、現在の僧侶の数は百人あまり。中には老僧あり、世間知らずの雛僧もいる。

長安寺の僧尼たち

尼層は20人ほど。容貌は枯稿で頭が純白の老婆もおり、若くて血のみなぎり、誘惑があればもろくも恋の罠に嵌りそうな乙女もいる。
何の因縁でかくも早く世を捨てたのかと、不思議に思う。
僧尼のほかにはなお100人余りの人たちが寺内に暮らしている。彼らは廃疾院に養われているものである。

 
広告

合計200人ほどの人々は寺内の収穫により糊口を凌ぐ以外に、喜捨、参拝者の浄財を受け、または托鉢により得たお金を以て生活をしている。
托鉢は雲水修行中の仕事で、遠く諸道諸郡を遍歴し、京城の門外にも彼らの姿が時々現れた。
ただし、彼らは京城の城内には一歩も足を踏み入れることはできなかった。
現在では故閔妃が仏法に厚く帰依し、その周旋で托鉢僧の叩く鉦の音が王城にも聞こえるようになったそうだ。

修繕中

私が長安寺に参詣したころは、ちょうどお寺は修繕中であった。太い材木が山と積まれ、40人の大工は、挽く、削る、鑿の音が コンコンと空に流れ、5、60人の人夫はエンヤエンヤの掛け声勇ましく大木を運んでいる。
仕事の大げさなところから見ると、修繕ではなく改築かもしれぬ。

大小四十二寺

金剛山とは、その名からして、すでに仏法の影響を受けている。この山にまつわる伝説は、大方仏教に始まり仏教に終わる。
現在山中の寺院大小を併せ四十二か寺、それぞれ景勝の地を占めているが少しも観光客の目に邪魔にならぬどころか、 天下の奇勝が却ってこれらの仏閣によりさらに一段の風致を増したように感ぜられる。長安寺は山中3大寺の一つで、 西暦515年の建立であると聞く(キャメル氏調査)。

長安寺は3大寺の一つ

おそらく現存する寺院で最も古いものの一つであろう。
建築法は中国史気に則り、屋根の高さ48フィート、なだらかな曲線を描きつつ巧みに組み成された柱梁で支えられていて、 気持ちよく落ち着いている。戸は窓を兼ねたもので、屋内は暗く人を信仰へ導くほどに陰鬱である。
この陰鬱な不足した光線がすでに消えて届かなくなったあたりに、金色の仏像が安座ましましている。

釈迦牟尼仏

合唱礼拝ののち、謹んで仰ぎ見れば、釈迦牟尼の尊顔は無上の妙相を備え、しんとして犯すべからざるが中に、一切の功徳を蔵し、慈眼を以て衆生を視る。
実にありがたきお姿である。尊像がよくヒンヅウ族の骨格を失わないのは、仏教伝来の経路を物語っているかのように思った。

四聖殿

四聖殿を見る。三個の仏像と一張の仏絵とがまつられている。仏像はそれぞれ特異の姿勢をしている。仏絵は仏陀と諸々の弟子を写している。
説明の僧の話によれば1400年前のもので、仏弟子と見たのは16菩薩とその従者だそうな。

部屋を確保する

いろいろなところを見たいのだが、まずは自分の部屋を確保せねばならない。幸いにして年若き僧が自分の部屋を空けて私のために 提供してくれた。そこには例のかまどに隣接していたから、私は夜中オンドル内91度の蒸し焼きにされてしまった。
この辺りは虎の害を恐れ、決して窓を開けぬものであるが、私は我慢しきれず戸も窓も開けてしまった。
この部屋には釈迦像と観世音菩薩像が祭られており、祭壇にはお経が数冊乗せてあった。
次の部屋にはわずかな燈火で仏具が浮かぶのが見え、そして30人からの客が90度の温気に蒸されながら窓も開けずにうんうん唸って苦しんでいた。
午後の九時12時午前4時は坊さんたちの看経の時刻のようで、僧尼共に床を離れ、祭壇に向かって鉦を叩き、銅鑼を鳴らし、経本を高らかに誦した。

哀れな子僧

私の心に深く刻みつけられた記憶は、年のころわずかに10歳か12,3歳かと思われる子供が幾人か、痛々しく経を唱える姿であった。
彼らは皆孤児であるそうな。
親の声を聴いたことがなく、親の顔も記憶にはあるまい。戒律厳重な寺院内の生活は彼らに過酷であろう。枯淡な冷たい生活は、活動的な子供たちにとっては不満であろうと思う。
世を捨てて山門に入るよりもむしろ、世に捨てられて山内に投げ込まれたのであろう。
長安寺の中、深い夜、無量尋仏を賛美するも、これら少年の甲斐甲斐しさを見るのは心地よいことであるが、一瞬の後は涙を誘われるばかりである。

最終更新日: 2013-12-25 05:53:54

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

朝鮮の本

二十五年!朝鮮は何を得たか?

  第11 通信
  第10 貿易
  第9 商業
  第8 経済
  第7 金融
  第5 租税
  第4 財政
  第3 朝鮮総督府
  第2 朝鮮の戸数と人口
  第1 朝鮮は変わった

30年前の朝鮮

  8 金剛山登り-2
  8 金剛山登り-1
  7 騎馬旅行-5
  7 騎馬旅行-4
  7 騎馬旅行-3
  7 騎馬旅行-2
  7 騎馬旅行-1
  6 自然の美-3
  6 自然の美-2
  6 自然の美-1
  5 漢江上り-3
  5 漢江上り-2
  5 漢江上り-1
  4 漢江探検の準備
  3 京城入り-4
  3 京城入り-3
  3 京城入り-2
  3 京城入り-1
  2 朝鮮最初の印象 2/2
  2 朝鮮最初の印象1/2
  1 はしがき2/2
  1 はしがき1/2

 RSS