7 騎馬旅行-2

朝鮮の旅館

今までは、朝鮮の田舎を踏査したといってもそれは時折船から降りて暇をつぶしたくらいにしか過ぎない。 もとより宿屋など、何の知識も得る機会がなかった。 馬夫に案内されて「ここが宿屋です」といわれた時には驚かざるをえなかった。
いやしくも旅籠と看板を掲げる以上は旅人の心を慰めるために多少は清潔な設備がしてあると思ったのに、 これはいかにも言語道断、なんとも形容する文字を知らないほどであった。 しかし慣れてしまえばこれも苦にならず、私は数週間を夜な夜なこのような宿屋に疲れをいやし、 深い眠りをむさぼるようになった。

 
広告

旅館!しかり、旅館に相違はない。朝鮮の旅館には上下2通りある。 その下の部類に属するものは、路傍の物置かと怪しまれるほどのもので、ただ軒下に馬桶と馬繋杭が立っていてそれとわかるものである。
上の部類に属するものは大きな村か町でなければ見ることができない。
まず門があり、門をくぐれば庭がある。庭の向こうに旅客の部屋がある。
竈の煙が孵化下を通って部屋を暖めるようにできているのは、以前に記したとおりである。 部屋の内外を隔てているのは紙張りの障子である。 これは破れてしまって見る影もない。積る塵の分量から考えると、45年は張り替えていないであろう。
障子をあけて中に入れば、そこは土間に粗莚を敷いた部屋で、角材を56インチに切った枕を56個、無造作に放り出してある。
この枕が暗示している如く、決して旅客が一部屋を占有することはできない。
貧富の差別も男女の区別もなく押し込む習慣になっている。
私は不潔とか不便とかの点はすでに覚悟の上で、あえて苦情は言わないが、 馬子やら、百姓やら、意地悪な貧乏両班と雑魚寝の夢を貪ることはできなかった。
幸いにも上等な旅館には貴賓室ともいうべき特別室が用意してあるので、この部屋を無理にでもとることにし、 もしなければ内房にや同夜の女房達と共に寝ることとした。
内房とよべばなんだか装飾万端麗人の住居を想像してしまうが、実際には家族の食料と衣服と家財の大部分を並べた、いやめちゃくちゃに詰め込んだ、一層不潔な部屋なのである。
夜になれば軒に破れ提灯を吊るし、部屋にはその明かりが影長く差しこみ、 異郷の女一人旅に寂しさを加える。
窓を閉めて眠りにつくころには部屋はほとんど極度に暖められている。 寒暖計は80度ないし85度くらい、90度を示すこともあった。ある夜は105度まで上がって起こされたことがあったが、こんなことは一度しかなかった。

南京虫防御の妙案

宿の亭主は客の到来と見るや直ちに部屋の掃除を始める。 掃除といっても手間はかからない。床の粗莚をはたいて塵を一隅に掃きよせるだけのこと。
その間埃の渦がもうもうと立ち込めるので、結局のところ塵埃の量は掃除前と大して変わらない。
そしてこの埃は無数の虱と南京虫の住処で、不用意に寝ようものなら終夜この虫たちに責め立てら、一睡、半睡すらできない。
私には長年の旅行経験があるし、シナ朝鮮の事情にはよく通じていたから、この防御法には苦心してしかも成功した。

組み立て寝台で眠る

床掃除は亭主のみに任せず、下男に命じてさらに念入りに掃除させ、あらかじめ用意しておいた油紙を床一面に敷き詰め、 その上に麻油引きの布を重ね、携帯用の高寝台を組み立て寝床とし、行李その他の手道具などはみな組み立て椅子の上に積み重ね、 こうして害虫船腹の場所を防ぎ襲来の道を遮断した。
毎夜幾百千の南京虫に包囲されながら、ついに一度も彼らの攻撃を受けるうことはなかった。
米、卵、麺類、砂糖、脂肪等は各旅籠で不自由なく手に入るから、食料に不足することはない。
季節によっては雛鳥がごく安く手に入り、狗肉豚肉も時折は口にすることができるのは何よりである。
宿代が安いのは嘘のようで、部屋代、灯火代、暖房代とは決して要求しない。 いかに田舎とはいえこれではあまりに気の毒と思い、宿泊料として金100文を払うことにした。 どこの宿もこれほどの大金をいただきましては相済みませんと慇懃に満足げなお礼を述べた。
なれるほどに朝鮮宿は安静な場所で、酒に酔った馬子の顔も馬のいななきも安眠を妨げぬようになってきた。
この旅行中、私はほとんど見世物になって歩いた感がある。本来朝鮮人は幾百年もの間外国人を見たことがない。
いわんや欧州の婦人といえば田舎者の目には未曾有の事件で、我さきと私を見物するために集まってきた。

最終更新日: 2013-12-06 07:31:58

このエントリーをはてなブックマークに追加
広告

朝鮮の本

二十五年!朝鮮は何を得たか?

  第11 通信
  第10 貿易
  第9 商業
  第8 経済
  第7 金融
  第5 租税
  第4 財政
  第3 朝鮮総督府
  第2 朝鮮の戸数と人口
  第1 朝鮮は変わった

30年前の朝鮮

  8 金剛山登り-2
  8 金剛山登り-1
  7 騎馬旅行-5
  7 騎馬旅行-4
  7 騎馬旅行-3
  7 騎馬旅行-2
  7 騎馬旅行-1
  6 自然の美-3
  6 自然の美-2
  6 自然の美-1
  5 漢江上り-3
  5 漢江上り-2
  5 漢江上り-1
  4 漢江探検の準備
  3 京城入り-4
  3 京城入り-3
  3 京城入り-2
  3 京城入り-1
  2 朝鮮最初の印象 2/2
  2 朝鮮最初の印象1/2
  1 はしがき2/2
  1 はしがき1/2

 RSS